2013年03月13日

自分は布団で横になってしまってる

熱い演出という概念すらなく、ババァが布団を叩くのと、おっさんが声をかけてくる演出で50%位構成されてる。

最近朝が若干早いので夜遅くまで机に向かってPCで遊べない、
布団の中でPSVITAでニコニコ動画見たりネットゲームやったりしてる時間が増えてきた…

布団の中が充実しすぎで夜遅くまでパソコン弄ってる時間を減らしたのに睡眠時間が減少してる

娘にご飯つくらせて自分は布団で横になってしまってるだめな母親だなぁ

太陽の熱をもらゐし布団を持ちふわつとした心になりぬ!!
陽だまりの休息

布団の中に潜っちゃったもんね。
ごめんね。
でも僕の歌は一緒に聴いてほしいよ。

布団の一番いい場所を陣取るぴーちゃんを想像しては、愛しく思っていました。
私達にもささやかな幸せをありがとう。
【関連する記事】
posted by 888 at 20:36| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年03月08日

パワーで言えば

「ジョースターさん、脚、大丈夫?スタンドが少し傷ついてたけど・・どこか痛む?」
「ああ・・大丈夫。」
「無茶したらだめだよ、もしものことがあったら奥さんやご家族が悲しむよ。」
「あそこで運転手の老人を見殺しにしていたら、その家族も悲しむじゃろう。・・わしゃ、2回ぐらい死んでいるはずの人間なんじゃから。」
「・・本当に、正義のヒーローみたいだね。」
「パワーで言えば、Juliaのほうがスーパーマンじゃったな・・。」
「えへへ・・自分でもびっくり。引きずり出しちゃった・・。近づかないと動いてくれなかったから、近距離パワー型ってやつだね。」
「あんな状況の中でも、冷静じゃな・・・あまり、無理はしないでおくれ。さっきは助かったが、出来れば・・おまえさんのスタンドが活躍しなくてもいい・・平和な世の中であってほしい・・。」
ジョースター氏の呼吸が乱れていた。
「・・お水、買ってきますね。」
私は自販機まで走った。
ジョースター氏は、あらゆる人たちを守ってきた。そういう星のもとに生まれてきたから、波紋もスタンドも授かっていたのだろうか。

posted by 888 at 20:09| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。